☺︎

 

 

幸せってなんだろうなと思います

 

 

 

 

とはいえ不幸とは何かと聞かれても

 

困ったもので、

 

 

幸せも不幸も誰かと自分の何かを

 

比べるからそう言う気持ちになるんじゃないかなと思います。

 

 

 

 

何が正しくて何が間違いの判断基準なのか知りませんが、以前のわたしは絶対的自信を持って幸せだと断言できていたのに

 

 

それが断言できなくなっている自分が心底嫌いになります

 

 

生まれてこのかた自分に甘い人生を歩んで来て

 

自分は恵まれているとずっとずっとなんの疑いもなく考えていました

 

 

 

勉強を必死にしなくてもそこそこの点数はとれるし、容量もどちらかといえば良い方。歌も下手ではないし、楽器もできる。阿波踊りだってそれなりには踊れて、字も綺麗に書ける。優しい家族と友達がいて学校も楽しくて寝るのと食べるのが大好きで、将来的には運命の王子様がいて、その人のことを好きになったりして、って思ってました。

 

 

 

 

 

まずはじめに勉強ができない

 

容量もそんなに良くないと気づく

 

歌は下手だった

 

阿波踊りも15年して来たにしては全然ダメ

 

友達との体格差が気になり安心して隣を歩けなくなる

 

 

シャーペンで慢性化していく字はどんどん下手になる

 

 

 

 

 

周りの環境はそんなに変わらないんですよ

 

中学の時も今も

 

 

 

なのに私だけがどんどん落ちぶれて

 

見る影もないようなクズになっていく

 

 

 

なんで?とはどの口が言うんなと言う話で

 

どう考えてもわたしのせいです

 

 

 

 

だんだん眠れなくなり

 

ストレスのはけ口として食べるようになり

 

涙腺がバカなので場所場合を選ばず涙がでます

 

 

 

将来と言うか人生に希望が持てないとひとこと

 

くくってしまえば簡単なものですが、

 

 

案外簡単でもないんです。

 

 

 

 

死んだ後の世界が極楽浄土ならば

 

死ぬのも良いのかもしれない。

 

 

でもわたしのような中途半端野郎が

 

極楽浄土にはいけないと思います。

 

 

 

極悪人ではないと信じたいから、

 

地獄ではないにしろ、結局死後の世界も

 

今の延長なのかなと考えて見ると

 

 

少し怖くなりますよね

 

 

 

 

生きるってなんだろう

 

 

生きていくってどうゆうことだろう

 

 

 

ひとことで表すととかよく言いますけど

 

ひとことで表されてたまるかと言う気分です

 

 

 

 

 

 

 

たかが人生されど人生です

 

 

 

ひとことじゃ現せんから人生です

 

 

 

 

 

 

生きていくことは本当に難しいことで

 

生きているだけでみんな100点満点です

 

 

 

 

みんな頑張ってるし、わたしも頑張ってる。

 

 

 

下を見て生きていくって生き辛い

 

 

上を向いて歩くなんてもっと生き辛い

 

 

 

 

 

 

何かわかっていない幸せに向かって進んでいかなければならないわけで

 

 

 

楽しかったあの頃の気持ちを必死で思い出す

 

 

 

 

あの頃、先輩方は、友人たちは

 

私と同じように楽しかったんかな

 

 

そうだと良いな

広告を非表示にする