☺︎

 

 

 

だんだんと音を立てて

 

壊れている気がする

 

 

 

 

去年とおなじように

 

寂しい春がやって来ると思っとったのに

 

 

そうではないかもしれない

 

 

 

 

いつのまにかわたしたちが追い求めた

 

先輩の姿はなく

 

そこにあるのは自己満足の塊だけ

 

 

 

 

いろんな世界を知れば知るほど

 

惨めな気持ちになる

 

 

 

人の音楽を馬鹿にする人だけには

 

なりたくないと思うけれど

 

 

自分の音楽を強要する人だけにも

 

なりたくないと思う

 

 

 

 

押し付けから生まれる音楽に

 

バンドに未来はないと思います

 

 

 

 

それが勇退だと思っているなら

 

私は本当に早く卒業してほしいと思う

 

 

 

 

今までに相談に乗ってもらったことは

 

ちゃんとこの手の中にあるのに

 

 

今では意味のなさないものに

 

見えてしまって

 

やるせないような

 

わたしたちの2年間はなんだったんだろうか

 

 

 

 

 

 

またもう少しすれば後輩が増え

 

ますますわたしたちの立場は薄くなる

 

 

 

 

このまま枯れていくこの場所に

 

身を置き続ける意味はあるのだろうか

 

 

 

 

まあ最もわたしは連れなどいないので

 

ひとりでと言うところだろうけど

 

 

 

押し付けがいかに醜いことか

 

 

 

わたしたちが大好きだった先輩は

 

もうどこにもいないのだろうか

 

広告を非表示にする