☺︎

2017年11月24日 高校生活も終わりに差し掛かり始めた。

 

人生で初めて1日中眠りにつくことなく1日を終えた。

 

24日になったすぐは大好きなアイドルの誕生日で、喜んでお祝いをした。

 

夜が明けて朝が来る頃、大好きなアイドルの誕生日のはずなのに高揚感ではない何かに襲われ、心臓が妙な音を立て、目を閉じて見えたのは明るい未来ではなかった。

 

何故か眠ることができず深夜の3時ごろまで勉強をして、数式で埋め尽くされた頭のまま入る布団は冷たかった。

 

 

特にすることもなく、知人のSNSを辿り、流行りのどうぶつの森をしていた。服を買って、どうぶつに果物をあげる。

 

 

それでも全く眠ることができずぼんやりとツイッターと、黄色いアイコンにブックマークしている先輩のブログを読んでいた。ただ理解はせずに、眺めていた。

 

 

新聞配達の音が遠くの方から聞こえ、早朝4時半ごろ、未だに甲斐性もなく今度は先輩のツイッターを見ていた。

 

 

なんとなく飛んだリンク先に先輩の彼女のものだと思われるページがあった。先輩が数日前にあげていた手作りの可愛らしいハンバーグはどうやら彼女をお祝いしたものだったらしい。

 

 

先輩は数年前に徳島を離れてしまい、彼女さんは転勤先で知り合ったらしい。

 

転勤先で知り合ったということは確実にわたしの方が前から好きだった、と言うことは明確やけど今更遅い。

 

 

そこから先は更に喪失感に襲われ時間の経過をよく覚えていない。

 

起きて来たであろう友達からきたLINEを見て、これは夢ではなく現実だと気付いた。

 

 

先輩に彼女がいる夢はよく見たし、最近であれば昔付き合っていた彼女の話もよく聞いた。

 

 

でも少なくとも、わたしの夢の中の先輩はいつもわたしを助けてくれていたのである。

 

 

彼女がいたからハイそうですかとテストに挑めるモチベーションもなく、あれだけ覚えた数式も全部どうでもよくなった。

 

 

 

わたしが高校生活全てをかけてしてきた片想いは、SNSからと言う人情味のない形であっけなく終了したのである。

 

 

 

起床する時間になっても起きてこないわたしを不思議に思ったであろう母が部屋に起こしにきて、そのままフラつく足取りで風呂場へ向かった。

 

1日起きていたはずなのに声が思うように出なかった。

 

寝ていたわけではないのでおはようと言う言葉もしっくりこないままシャワーの蛇口をひねった。

 

 

水が身体に当たると、お湯の温度ではない何かが自分の頬を伝っているのが分かった。

 

 

知人Aの言葉を借りれば、そんな男はやめておいて正解だったのかもしれない。よく冷静になって考えてみればずっと彼女がいないとダメなタイプなのかもしれない。

 

 

 

一緒に過ごしたのは1年間で、わたしだけが追いかけていたのは2年間。

 

 

過去にすがりついたまま離れなかったのはわたしだったのかもしれない。

 

3年も生活していればわたしにも彼氏がいた時期はあり、今思えば先輩だけではなかったのかもしれない。

 

 

 

 

それでも、3年間片想いし続けていた人に彼女が出来たと言うのはとても悲しかった。

 

自分が付き合えるなんて言うのは思っていなかったけれど、どこかでどうにかなったら良いなと思う、情けないわたしが存在していたから。

 

 

虚ろな足取りのまま赤い椅子の汽車に乗り、わたしは何事もなかったかのようにテストを受けた。

 

 

友達に相談してもそんなに大事としては受け止められなかった。結局は側から見ればその程度だった。

 

 

 

わたしが追いかけていた先輩は、先輩ではなく先輩の偶像に過ぎなかったのかもしれない。

 

 

でもわたしたがステージ上で見た先輩も、擦り切れるほど聴いたCDも、決して偶像ではない。

 

 

わたしが先輩を好きだった3年間は確かにここにあって、絶対になくならない。

 

 

 

 

 

なんともあっけない形で終わってしまったのが言葉にならないけれど、現実を譲歩できないわたしにはこうやって誰の目にも止まらない文に起こすのが精一杯だった。

 

 

 

 

テストが終わっても眠気がくることもなく、ぼんやりと晩御飯を喉の奥に押し込んだ。

 

 

 

ふとツイッターを開けば、チャットモンチー解散の文字が目に飛び込んで来た。

 

 

 

 

 

今日は寝ていない。寝て目が冷めれば、チャットモンチーも先輩もいつも通りなのでは?

 

起きたら忘れてるくらい、美味しいご飯が食べたい。理不尽でムカつく話でも納得してみたい。

 

 

 

 

 

わたしが10年近く聴き込んだバンドの解散、1番大好きだったバンドの解散。

 

 

 

 

今日だけは先輩のことを考えながらチャットモンチーを聴きながら寝ようと思っていたわたしの最後の砦が崩される。

 

 

わたしの青春が、わたしの10代が終わる音が聴こえた。

 

 

18歳はもう子どもではないのである。

 

 

 

大人にも子どもにもなりきれない私たちが向かうのはどこ?

 

 

答えは見つかりそうになかった。

 

 

 

2017年 11月24日、眠りにつかなかったわたしを恨んだ。

 

数学の公式、先輩、先輩の彼女、チャットモンチー、大好きなアイドルの誕生日。

 

 

 

わたしは元から手になかった全てを失い、こぼれ落ちる何かを必死に拾い続けた。

 

広告を非表示にする

☺︎

18さいになったよーーーーーー!!!!オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍オラオラオラオラオラオラ卍オラオラオラオラオラオラ

 

 

 

誰1人としてお祝いしてくれないので自分で祝ってみました。

 

 

悲しみが深すぎて涙がちょちょぎれそうですが全然泣いてないですよ。

 

 

全然泣いてないっす。視界がぼやけてるけど全然泣いてなんか…

 

 

 

 

 

ああお祝いしてほしい!!!!誰かわたしが生まれてきたこと祝ってくれ!!!!!!!!!!!!!頼むわ!!!!!!!!!!

 

 

 

辛さが深いけど全然しょげてないです

 

 

 

慰めてくれる優しいひと募集。

 

 

誕生日の日は自分が世界の主役だったのは遠い昔の話で、寂しい。

 

 

 

いつもより数倍寂しい。虚しい。

 

 

 

 

誰か相手にしてくれわたしを…

 

 

 

 

死にたい。みんなありがとう(祝われてないけど)

広告を非表示にする

☺︎

雨の日って頭痛いし

 

死にたい

 

 

 

老夫婦が寄り添って駅で話してるのを見ると

いいなあと思うなあ

 

 

 

わたしも50年先ちゃんと生きとんかな〜

 

 

 

あー嫌になる。家族おるんかなー

 

 

 

 

死にてえなー誰かに大切にされてえー

 

 

 

 

 

あ死にたい

広告を非表示にする

☺︎

 

たいとる いやなこと

 

 

 

嫌なことって溜まって行く一方で

 

全くなくならんことないですか?

 

 

 

まあ楽しいことがあれば嫌なことがあるのは分かるし

 

でもなくならないじゃないですか

 

 

 

嫌なことって

 

 

 

あ、この人たち私のこと嫌いなんだろうなって思った時の息の詰まる感じ

 

 

 

 

情けないなと思いながらも上手に息ができませんでした

 

 

 

実験班替えて欲しいな

 

 

全員敵に見えるしシンプルに死にたくなる

 

 

 

あ、わたしって独りなんやなー

と思うよね 瞬間的に

 

 

 

わたしを見るその目がキライ

 

全部わたしが悪者になるその目がキライ

 

 

 

男の人はやっぱり何年経ってもすっごい苦手やなあーどうしよう。

 

なんでこんな学校きたんだろうなってよく思う。瞬間的にね。

 

 

冷静に考えれば男の人ばっかりの中で

やっていけるわけがない

 

 

息が上手に出来ないし班員は男の人ばっかりやし沈んでいきそう

 

 

男の人が大好きな彼女たちは楽しそうで良いなと思った。

 

 

わたしは無理だ、やっていける気もしないし

 

あの目はわたしのことを嫌いな目だよ

 

 

 

わたしのことを嫌いなやつと仲良くする気なんてないんだー敵ですわ

 

 

結局のところ味方なんていうのは彼女しかいないんですわ

 

 

数奇な人生ってやつですね

 

 

嫌になるわ本当に

 

 

でも彼女の1番は彼だよー

 

 

 

 

別に彼女の1番になりたいわけではないけど。

 

 

 

 

わたしもこの人なら大丈夫って言う男の人と付き合いたいなあー

 

 

大丈夫な男の人とかおる?おらんわぼけ

 

 

 

あー死にたい

広告を非表示にする

☺︎

情緒が不安定なことくらい

 

すぐ死にたくなることがダメなことくらい

 

涙腺がバカになっとることくらい

 

自分が鬱の可能性があることくらい

 

分かっとるわそんなもん

 

 

 

 

 

みんなみんなみんなキライ。だいっきらい

 

 

 

わたしが死んだら泣く?わたしが1番大切なわけでもないのに?

 

 

寂しいって口に出すことに抵抗があってうまく形にできない。

 

 

 

寂しいってなに?結局大勢の中におっても寂しいやん。

 

 

やっぱり全員だいっきらい。みんなきらい。

広告を非表示にする

☺︎

とことん惨めな気持ちになる

 

誰かひとりくらいわたしの味方をしてよ

 

誰かひとりくらいわたしの話を聞いてよ

 

 

 

 

やればできることくらい分かっとるわしばくぞほんま

 

 

分かったような口聞くな、と言う話

 

 

 

やっぱり4人で出たかったと何十回も言いますが文章に起こすとカスみたいにペラッペラに見えるのでこの世界は最低。

 

 

 

どいつもこいつもなめやがって、

 

 

私らの曲も聞いたことないのに偉そうに言いやがって

 

 

 

誰かわたしの味方をしろよ

 

 

 

 

誰かひとりくらいわたしを1番大切にしてくれよ

 

 

 

 

 

そんな女のどこがええんなと永遠に毒づいている私が1番くそ女なので一生大切にはなれない。

 

 

 

誰でも良いし世界中に嫌われてもいいし誰かの大切な人になりたい。

 

誰かの1番になりたい。

 

 

 

日常生活を歩む中で幸せやなって思いたい。

 

 

性別も年齢も職業も問わないので誰か無償でわたしを1番大切にしてくれる人っておらんの?

 

 

誰かの1番になりたいって小さい時から何百回思ったんか知らんけど、いつまで経ってもずっとずっと誰かの1番になりたい。

 

 

 

2番じゃなくて、大勢の中の1番じゃなくて

 

誰かに1番大切にされてみたい。

 

 

 

みんな仲良しでいいな。わたしは荒みきっているクズなので死にたい。

 

 

でもどうせ死ぬなら最後に優しくして欲しい。誰かの1番になってから死にたい。

 

 

別に演技でいいし、わたしが死ぬまでの間の短い期間でいい、幸せな気持ちを味わってみたい。他人より愛されているという優越感に浸ってみたい。

 

 

 

1番になりたい。

 

 

 

 

 

 

死にたいし、誰にも会いたくない。

 

 

 

雨が上がれば夜が明ければ治る?

 

あー最低

広告を非表示にする

☺︎

自分の好きなバンドはいつだって最高だと言う話ですよね

 

 

 

まあそりゃあいつの聞いてる音楽をだっせえなと思うしそんなパチモンバンド何がええねんとも思いますけどね

 

 

それでいいんちゃいます?その人だってそれが好きで聞いてるんだからね

 

 

わたしはbowsが1番いいと思います

 

 

 

えももサッドパンクもUKみゅーじっくも

分かりませんけどね

 

 

良いと思ったら良いんですよ

 

 

それが1番良いんですわ〜〜〜〜

 

 

 

 

好きなバンドを見に行ける機会があると言うのは至極良いことだと思う。

 

 

お金を払えば見える。

 

 

"3000円で買える幸せ"というやつですね。

 

 

全てが正しいとは思わないし全てがかっこいいとも思わないけど、好きだからそれでいい。

 

 

曲が好きって言うんもあるけど曲が好きと言うことは結局回り回ってその人たちが好きってことやと思うんですけどどう?

 

 

いつでも会いたいし何なら毎日会いたい。

 

はやくブログ更新してくれと言う意味を込めて私が更新して見ました。ハハ笑えない

 

 

ブログ毎日のぞいてほんますいません

 

 

決して悪気はない…

 

 

never ゆないと(検索よけ)の意味を

グーグルで調べなわからんようなクソ頭の私ですけどね

 

 

 

先輩も好きやし曲も好き、バンドも好きやしライブも好き。文書で書くとまあ廃れて見えるけどね。

 

 

11月こんかなー先輩誕生日いつですか?

 

 

3年おるのにそんなことも知らない!

 

 

 

結局そんなもんなんでしょうね、

 

 

でも好き!バンドはやっぱりライブだよ

 

しのごの言わず見ろよ!

 

 

 

 

熱くてサブいバンドマンみたいになってしまったので終わります。完

広告を非表示にする